「アメーバピコ」が10日で15万人(産経新聞)

 サイバーエージェントのコミュニティーサービス「アメーバピコ」のユーザー数が提供開始から10日で15万人となった。アメーバピコは、自分自身のキャラクター(アバター)で交流できるサービス「アメーバピグ」の英語版として8日、スタート。海外向けにアバターのバリエーションを増やすなどした。SNS、フェースブックでも利用できるアプリを提供しており、現在、ユーザーの7割が米国人という。同社ではアメーバピコを海外展開の足がかりにしたいとしている。

【関連記事】
政治家、芸能人のミニブログ閲覧8%止まり 利用率は10%
携帯ブログでペットを飼育 サイバーエージェント
水道橋博士「ツイッターって“口べたなアンプ”」
日本人の84%、「ネットなしでは生きていけない」
くわばたりえ、人気ブロガーになるきっかけは…
あれから、15年 地下鉄サリン事件

「キング」に懲役20年=振り込め詐欺リーダー−東京地裁(時事通信)
ヒトへ侵入優先か、抗体防御か=新型インフルと季節性の違い解明−米チーム(時事通信)
首相が初のオープン会見、「珍質問」「激辛質問」も続々…(産経新聞)
東急東横線でも男性はねられ運転見合わせ 目黒(産経新聞)
“国境の島”は外国人参政権付与に反対 与那国町、壱岐市など(産経新聞)
[PR]
by zjspq73ovv | 2010-03-31 12:50


<< 出火件数、1270件減=09年... 毒ギョーザ 押収注射器から殺虫... >>